« 教育のむずかしさ | トップページ | 食器洗浄機 »

2004.02.20

挑戦

我が町は春一色。
町をあげてさくらまつり開催中なのである。
本州で一番開花が早く、普通の桜よりピンク色が濃いのが特徴的、開花期間は長く1ヶ月持続する。

そらもう、町はほんとにお祭りさわぎ。なんせ人口8500人ぐらいの町にこのまつり1ヶ月間で100万人を越す
花見客が訪れます。
そんな中で、私が現在勤務させてもらっている会社ではこの期間限定のバイキングを提供してます。
前もって下調べをしてこられる方はわかるかもしれないけれど、ただ単に花見にいらした方は
そんなことをやっているのなんか全く知る由もないでしょう。

そこで駅周辺でビラ配りです。営業担当者が一生懸命配る、説明する甲斐あって結構な集客です。
どんなもんだか体験したくなり、本日web担当であるまっきんも、「やります!」ってビラ配り初体験してみました。

最初の1枚を配るのに、かなり勇気がいりますな。タイミングや、なんて声かけりゃいいんじゃ?と
2−3分躊躇してました。

えーい!女は度胸と愛嬌じゃぁぁぁぁぁ。
「ランチのご案内でぇ〜す!よろしかったらどうぞ!」
顔はにこやかに!

我ながら恐ろしいほどの豹変ぶりですな。女優になれるんぢゃねーか、おい。

配って受け取らないって人は殆どおりませんでしたわ。100人中90人は受け取ってもらいました。
実は、廻りには同じようにランチを誘客しておられる某ホテルさんがビラをまいておりましたが、
そこはほれ、掟破りのまっきんは、改札を抜けてこられる花見客に配りまくりです。
すでに駅から出てくるお客様はうちのビラを持っているというわけですな(をいをい)

これでまっきんは、かくしてビラ配りも習得し、また一歩仕事のテリトリーを広げたのでした。

|

« 教育のむずかしさ | トップページ | 食器洗浄機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19456/214301

この記事へのトラックバック一覧です: 挑戦:

« 教育のむずかしさ | トップページ | 食器洗浄機 »