« 器(USTUWA) | トップページ | 桜満開? »

2004.02.23

伊豆の観光

今、伊豆は観光バスであふれかえっています。
というのも、根本は「河津さくらまつり」が開催中だからである。たかだか人口8500人ぐらいの町に、100万人を越す花見客が訪れる。
エースJTBをはじめ、各エージェントがメインにもってくるスポットである。
このさくらまつりの経済効果は絶大で、これをメインにツアーを組み、各所恩恵にあやかっている市町村や施設がたくさんある。
 稲取のつるしかざり、みなみのさくらと菜の花まつり、伊豆長岡周辺のイチゴ狩りや宿泊施設、交通機関すべて河津さくらの花見を目的に来た観光客が足をのばすところである。
イチゴ狩りに関してはイチゴ不足でフリー客を断っている状態で、しかも予約の団体ですら日に50件断る日もあるという。
河津桜さまさまである。

 ところが、この騒ぎで河津町周辺は平日でも大渋滞。稲取も道幅がせまいので吊し飾りに寄る観光バスのすれ違いの問題で大渋滞。
付近の住民は生活に支障をきたしているのが現状である。
稲取のヤオハンに行くのに、渋滞、河津のアオキにいくのに渋滞、しかも花見客がアオキの駐車場を利用する非常識なやつも多いので買い物ができない。金融機関にすら寄れない状態。とにかくすさまじい。
結局、買い物は前日の夜に買いに行く、日中は避けるという対応策を取らざるを得ない。 
しかしながら、多くの住民は不満を抱えつつ文句もいわない。町をあげての一大イベントだし、町民自慢の桜で
経済効果もすさまじい。背に腹はかえられない。私もそうである。金融機関に行くのに渋滞、しかも着いても駐車場がない。
よって結局はコンビニで高い手数料を払って入出金を行う羽目に・・・
それでもさくらまつりによって町が潤うのであれば嬉しい限りである。
さらに「河津正月さくら」という新たな品種が登録商標されたらしい。これがどこまで町を潤すか期待したい。

|

« 器(USTUWA) | トップページ | 桜満開? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19456/227592

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆の観光:

« 器(USTUWA) | トップページ | 桜満開? »