« 散々な日 | トップページ | さらば・・・ »

2004.03.20

週刊文春

週間文春ねー。マスコミで販売停止やら仮差し止めやらとか大々的に取り上げられたおかげで普段読まない輩にまで読まれ、かえって余計に注目されてしまったんじゃないの?
ちゅか、あちきも週間文春なんて読んだことないけど、普通週刊誌の発売前日にそのような事態が起これば市場に出回ればちょっと読んでみたいって衝動に駆られるのも然り。
ま、あちきは面倒だし、田中マキコの長女がどうなろうかあちきの生活はかわらんので興味ないからわざわざ買いに出向こうとは思わないんだけど。
週間文集の訴えを却下したらしいのでこれからこんなことが起きればずっと同じように対応していくのか?え?いけるのか?と思ってしまった。
確かに私人のプライベートを記事にすることは賛成ではないけど、この対応、政治的圧力としか思えないのぅ。さすがわがままマキコ。まさに同じ名前だけあってあちきと同レベルぐらいのわがままぶりじゃ。
 多少プライベートが暴露されたとしてもだ、あちきなら販売差し止めとかでなく、あとで慰謝料とか請求するけどねー(笑)そのほうが得だしさ、公開されて困るような生活ってなんじゃらほい?

|

« 散々な日 | トップページ | さらば・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19456/326537

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊文春:

» 「私人」て、俺?誰? [遊里弁天のBlog鍋]
2004.03.20の「マスコミ叩くのは [続きを読む]

受信: 2004.03.21 05:38

» 文藝春秋が怖い [OMOTEYOMI!!]
なんつーか、俺も有名になったら、ほこりがいっぱい出てくるので、万が一(億が一)俺が有名になったときのために、個人をマスコミから保護してくれる法案でも可決してくれ... [続きを読む]

受信: 2004.03.21 13:15

« 散々な日 | トップページ | さらば・・・ »