« web更新 | トップページ | webサーバー »

2004.03.09

湯ヶ野温泉

 河津町というところは沢山の温泉が存在している。七滝(ななたる)温泉をはじめ、谷津温泉、峰温泉など。なかでも後継者不足でかなり深刻な問題となっているのが湯ヶ野温泉ではないかと思う。
後継者がいないため旅館業を廃止してしまい、そのままとなっているところは多い。その姿がまた、寂れた感じがしてなんとも言えない。
なんとも言えないというのは「たまらなくいい」という意味ではなく「言葉もでない」という意味なんだけども(爆)
 さてこの寂れた温泉街をなんとかしなくちゃいけないと密かに思っている。あちき一人ではどうしようもないんだけどさ。湯ヶ野温泉は川端康成が宿泊した宿、著書伊豆の踊子などで多少有名らしい。そう、年輩の人たちには非常にわかる話なんだろうが今の若人に「ここは川端康成の・・・・」と言っても文学に長けた人ならともかくキャッチコピーにもならんのだ。弱すぎる・・・
この温泉地に誘客するキャッチコピーと環境の整備を考えなくてはならない。
 観光のスポットがないのも痛い。今更、川端康成の伊豆の踊子の石碑を見てもなんもおもしろくないだろう。
秘湯として売るか、湯治場として売るかはたまた別の路線を考えなくてはいかんと思うのだ。
 問題点はそれだけではない。なんせ道幅がせまいためバスの通行が不可能であることと、団体客が泊まれるような大きな旅館がない。(これは河津町全体に言える)せっかくさくらまつりでにぎわっても宿泊する大きな団体は稲取や下田などに取られているのが現状だ。湯ヶ野温泉の入り口には車が入れないので駐車場があるがこれもまた天城方面から来るとまったくわからない。看板ぐらいあればいいのにと思う。東名高速道路を使って来る人は沼津ICで降り、修善寺を経て河津に来ることを考えるとそれくらいのものはあってもいいじゃん。国道135号線の渋滞を考えるとこのルートで来る関東方面の人も多いはずだ。
 せっかく遊歩道を整備し情緒ある温泉街にしてもその遊歩道に入る看板もなんだかわかりづらい。遊歩道に入ったら飲める温泉ぐらい設置しても良さそうである。(あるのか?)
 一つの旅館単位で頑張ってもどうにもならない感じがする。みんなで一丸となってなんらかの案を出さなきゃいけないのではないか。
 ここでひとつ提案としては、湯治場でも秘湯でもなく「ハイカーの拠点の温泉街」として売るのはどうだろうか?河津〜天城にかけてハイキングコースがいくつもある。その拠点として売る。
おそらく今まではハイカーが天城を歩きたいからどこか近くの旅館を・・・という形だっただろうがこちらからハイカーを呼び込む戦略に出る。戦略については提案もあるがここでは触れないことにする。
 とにかくどの年代をターゲットにするか、何を売るかがポイントだよねー。

|

« web更新 | トップページ | webサーバー »

コメント

いいとこに気づきましたな!まっきん。でもこの事は
数年前からすでに私が地道に計画してます(ネット関連だけだが)
でもね、問題は後継者問題や駐車場、道路問題だけ
じゃないよ。まず大事なのは
この地区の人達の「湯ヶ野温泉を愛する心」が
かけてないか?湯ヶ野観光協議会という団体で去年
や一昨年も村おこしならぬ地区おこしミーティングみたいな
会議も開かれているけど全然アイデアがでてない。
湯ヶ野だってまだ見るとこや観光客が知らない新鮮なもの
いっぱいあるよ これを紹介しきれてないのと
自分たちがそれに気づいていないだけ・・
見落としてるだけかも・・ほんのちょっとしたもの、事でも
観光客にはそれが新鮮に映るの。そろそろ気づいてほしい。
あちきらがここでどーこー言ってもダメ 
この地区の人達がそれに気づいてくれなきゃだめなんだ。
自分も本当なら住んでいる場所にちかいこの地区を
応援しなければいけないんだが・・
(私は今、七観Webの製作管理をしてますが)
七観だって本当はたいへんなのにみんなが一丸となって
いろんなものを作り出してる、ちょっとした事でも
誘客につなげている。お金の力だけじゃないよ!
お金がなくても何かしら誘客する手段はあるはず
そうはおもわんか?峰温泉、谷津温泉、そして今井浜温泉だって
まだまだあるはず 自分の会社を守る事だけに頭がいってると
自分の会社の周りが見えなくなる そして廃れていくんだ・・
時代は変わったんだ・・みんなバブル期のぬるま湯に
いつまでも浸かってないで早く気づいて欲しい!!
(自分の事は棚に上げてちょっといいすぎたな 反省)

投稿: 謎の河津桜仕掛人 | 2004.03.09 02:55

>自分の会社を守る事だけに頭がいってると
>自分の会社の周りが見えなくなる そして廃れていくんだ・・

まさにその通りだと思うじょ。
地域一丸となって考えなきゃならない。そこに住んでいるとそれが当たり前になってどれが新鮮なのか古いのか判断がつかなくなるのもわかるけど・・・・
外部の人からの参考意見や厳しい指摘も必要かと思うなぁ。目を凝らせばなんか出てくるはずだし、固定概念も捨てなきゃ駄目だと思うじょ

投稿: まっきん | 2004.03.09 22:20

某旅館のように 以前は一見さんお断り、格式高い・・だったが今じゃピンクコンパは入るわ、客層は悪いわ・・・

万人受けを狙うよりはターゲットを絞った方向がいいかも。
秘湯って感じでもOKな場所なのだろうか?

投稿: でん姉 | 2004.03.10 00:53

謎の河津桜仕掛人さん、私の知っている方でしょうか・・・

投稿: もでな | 2004.03.11 01:04

どうでしょう・・・もしかしたらお知り合いかもしれませんね。

投稿: まっきん | 2004.03.11 02:05

ん~どーでしょうね?でも謎の住人では
ないですからね。知らないかもしれ
ません。

投稿: 謎の河津桜仕掛人 | 2004.03.11 14:32

はじめまして。
先日湯ヶ野から七滝までデレデレと歩いてきた県外の30代男性です。
色々な意見があるかもしれませんが、私は今の湯ヶ野の雰囲気に惚れました。
景観もすばらしいし、七滝のように大量の中高年のハイカーがいない所も最高です。
地元の方から見ると過去の湯ヶ野と違うと感じるのかもしれませんが、私は初めて訪れたので違和感なく湯ヶ野を受け入れられましたし、今となっては逆に貴重な落ち着いた雰囲気を好む人は多いと思います。

やたらに看板や駐車場を整備したり、ハイカーの経由地にするのもどうでしょう?
それによって失うものがある気がしますし、将来その失うもので後悔すると思います。
しかも一度失うと取り戻すのは非常に困難に思われます。
仮に湯ヶ野がハイカーの拠点になったところで、ハイカーとしての私は湯ヶ野に泊まる選択はせず、あえて別の温泉に宿泊するでしょう。
そういう人は他にも沢山いると思いますよ。

伊豆の踊り子の話もそうですが、単にインパクトが無いからという理由だけで、その土地に以前からあるものをないがしろにするような事があってはならない気がします。
若いときは興味なくても歳を重ねて興味をもつこともあります。
そんな時に、ああ、湯ヶ野は川端の・・・じゃあ泊まってみようか、という事になるかもしれません。
どうも短絡的に利益を追い求めているように思えて書き込ませてもらいました。
否定的意見で申し訳なく思います。
当事者の方々は生活がかかっていたりと事情は違うのでしょうが、参考になればと思いました。

投稿: こんた | 2004.11.26 10:18

初めまして。
参考になります。別に伊豆の踊子を否定してるわけではなく、それだけでは
集客は望めないということです。余計なモノは要らないんですけど必要最低限のモノは欲しいところです。

なんかそれに関連したモノは・・・というと石碑、泊まった旅館。
その泊まった旅館でさえ、今や危機的状況のように思えます。

後継者不足でほとんどつぶれているのですよねー。
自然と共存しながらのまちおこしを計画しないとその温泉すらなくなる・・元も子もない。

外部からみて違和感がないというのだけが救いでもあります。
情緒があっていいところであればなおさらそれを生かしたなんかが必要かと思うんですよね。
個人的にはその寂れた町がいい雰囲気であればそれなりの活気は出てくると思います。


投稿: まっきん | 2004.11.26 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19456/278745

この記事へのトラックバック一覧です: 湯ヶ野温泉:

« web更新 | トップページ | webサーバー »