« メリクリのバブルな生活 | トップページ | 今年の抱負 »

2005.12.30

馬鹿と貧乏は加速する

 最近よく思う。その昔、貧乏生活だった頃、お金の使い方を知らなかった気がする。
例えば、モノ一つ買うのに値段だけみて買う。結局安いのを買うのはいいんだけど、値段だけみて安いと飛びついてみたものの、思っていたよりちゃっちいとか、機能がないとか・・・。

物の価値と値段をみて本当に安いのかと判断できないのでいわゆる「安物買いの銭失い」ということになり貧乏はさらに加速するのである。
本当に自分にとってその値段の価値がある品物なのか・・・という根本的な部分がわかっていなかったようだ。
今、多少お金があり、価値というものを考えるに至って例えば前回買ったEOS20D・・・これについては安い買い物だったと思えるのである。
趣味はもちろん、仕事にもフル活用している。機能も私のスキルでは多機能なのかもしれないけど満足している。思ったイメージで仕上がるのも嬉しい。

そして、馬鹿も加速する。しかもこちらはターボエンジン搭載の勢いである(笑)
結局勉強するにしろ、解らないところが解らないまま、さらに解らないから勉強できないという悪循環によりどんどん加速してマッハ並。
いったんブレーキをかけて来た道を引き返すというアイデアがあればいいのだかターボを搭載した馬鹿脳は止まることすら忘れているという感じだ。

ついでに、自分を馬鹿と解っている馬鹿はまだいいけど、馬鹿って解っていない馬鹿は救いようがないとおっさんはいう。
馬鹿ってわかっていれば、人の意見も、人に聞くこともできるんだけど馬鹿ってわかっていないお馬鹿さんは、まともに人の話なんか聞かないからw
うちの息子もどちらかというと馬鹿って解っていないお馬鹿さんなのである。

お馬鹿さんにも色々種類はあるんだけど、いわゆるここでいうお馬鹿さんは賢くないお馬鹿さんということで学校の勉強のことではない。
 おそらく学校の勉強のできる人というのは、それが嫌いでなく、興味を持ち、人の話を聞き取り、本を読み自分でここが重要ポイントと理解判断できるから結果的に成績がいいのであって、学校の勉強だけができるのでなくうまく脳を活用できる、つまり賢い奴なのだと思う。

ただ人間的に欠落するとか、性格が悪いとかいうのは頭がいいというのとは関係なく環境の問題なのだと思うので勉強だけできればいいの?ということにはならんでそ。ただのひがみになってしまう。
馬鹿で人間的に欠落している人だって腐るほどいるだろうしね。

というあちきはどちらかというと自覚しているお馬鹿さんだと思っている。


|

« メリクリのバブルな生活 | トップページ | 今年の抱負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19456/7898321

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿と貧乏は加速する:

« メリクリのバブルな生活 | トップページ | 今年の抱負 »