« 転職 | トップページ | プロになる? »

2009.12.08

googleの日本語入力システム

今日はまじめな話題です。

今、テレビでもCMを流してイケイケのgoogleが日本語入力システムを無料配布。

早速、windows乗せてみた。
新語や専門用語、芸能人の名前などに強いのが特徴で、冒頭の数文字を入力すると候補語を変換するサジェスト機能や、数字を16進数に変換する機能など、まさにGoogleらしい感じだ。


IMEで入力した文字列をGoogleが収集しているのではという懸念に対し、「個人情報は取得していないことを約束する」と否定しているのでその点は心配なさそうだ。

使い勝手だが、確かに誤変換になる確率は少ない。
それどころか、候補語を変換するサジェスト機能がもの凄いので単語を打っている途中から候補が出てくる。

辞書機能だが、「ツール」をクリックすると「辞書登録」が出てくる。
「登録」をクリックすると次々と単語を覚えさせることが可能である。

辞書登録の「管理」からは他の日本語入力ソフトで使っている辞書やネットで配布されている辞書などを登録して使えるようにしたり、専用の辞書セットを作ってみることなどが可能。顔文字辞書もインポートできる。

こりゃ、かなりお利口じゃん。
しかも無料ときたもんだ。

(≧∇≦)bいい!

しかしちょとした問題点も。

「Webのありのまま」を反映した結果、語句の誤用例などがそのまま変換やサジェストに反映されてしまっている例が多いことも指摘されている。
これは開発側も認識しており、修正する方法などを検討していく。

開発者の及川さん曰く「IMEが誤用を出すのは問題だと思っているが、何を持って誤用とするのか考えが出せないでいる」

現在リアルに日本人が使っている生きたコトバを忠実に変換するのか、それが日本語として間違っているから変換しないとすべきなのかということだ。

雰囲気 は「ふんいき」と入力するが、発音は「ふいんき」と言う人もかなり多いはずだ。
このあたりの変換がどっちが正しいの?って話しだけどこれは思想の問題になりそう。

間違った日本語が後になって正しい日本語になったりするから一概にはいえないね。

|

« 転職 | トップページ | プロになる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19456/46973724

この記事へのトラックバック一覧です: googleの日本語入力システム:

« 転職 | トップページ | プロになる? »