2007.08.22

やってもうた

この2日間、腰がやばい。

理由はない。とくに運動したわけでもなく、エッチしたわけでもない(←聞いてねぇってば)

ちょっと痛いなぁと思っていたらどんどん痛くなってきた。
立ち上がったり、座ったりという動作のときにかなり痛いのよねぇ

うーん。歳のせいかしら?
今週末に中学の廃品回収があるのに大丈夫か?
去年の廃品回収で見事ぎっくり腰になってしまったので今年は気をつけないとと思っていたのに
廃品回収をやる前にこの状態ってやばくない?

誰かいい整体師、教えてくださいな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.14

復帰しなきゃ

この2-3日体調不良で実は仕事を休んでしまっている。頭痛、吐き気が止まらないという状況に陥り、まともに飯が食えない・・・ってかはくほうが多い。

今日も吐いた。普通に食べようとするとやばいのでごく少量ずつ食うほうがいいみたいだ。
本日少し体調も良くなりつつあるので、明日から復帰する予定ではあるが、朝になるとかなり調子悪い。
いわゆる更年期ってやつですかね?
自律神経がやられてます・・・_| ̄|○

いつになったら通常勤務できるんだろうか・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.05.18

右目

 例の右顔面マヒもだいぶよくなって自分的にはあまり違和感はないんだけど、やっぱり右が表情に乏しいようだ。というのも右目が異常に乾くためコンタクトも入れられない状態になってしまい、メガネを常用するようになった。
 昨日朝、あまりに目がしょぼしょぼするので病院へいってみた。
原因はわからないがやはり右目は乾きやすいらしい。
「コンタクトいれて30分もすると外したくなる」「目が痛い」「やたら乾く気がする」というと新しいコンタクトが出たから使ってみてと言われた。

片目3ヶ月分で7500円というちょっと高めの料金設定だがお試し用を装着。

今日一日つけてみた。驚くほどの違いだ。
今まで乾きやすかったのか午後1時頃にはしょぼしょぼしてきたのだが、これは違う!!!
午後4時頃までつけていても大丈夫。まだ余裕すらあるのだ。

ドライアイには最適といえる。ちなみに商品名はO2オプティクス?というチバビジョンから発売されているものらしい。
しばらく試してみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.28

感情というやっかいな戦い(顔面麻痺に伴う心理)

別に「顔」で生きてきたわけじゃない。美人というわけでもない。でもブサイクだと思っていないから始末が悪い。

 朝、起きたら治っているんじゃないか?と、鏡を見るわけだが、目に見えて変化があるわけではない。自分的には昨日と変わらないので、 朝からちょっと落ち込み気味なわけで。家事をすると気分も晴れるので午前中には気分的に復活することが多い。

発病から3週間が経ったわけで・・・・。口元は少し動くようになったけど、未だ目、眉、鼻は動かず。朝からため息が出る。

「朝から、ため息つくなよ」

 何かが切れた。

 不安だったけどなんだか口にしてはいけない感情がこみ上げてきた。命に関わっているわけじゃないからいいじゃないか・・・ と思うんだけど、あきらめがつかないっていうか、目に見えて変化がわからない苛立ちっていうかなんて言ったらいいんだろう。

 我慢していた感情が溢れ出す。どうしたらいいのか、涙が止まらない。ああ、また心配かけてしまった。 これ以上心配かけたらバチがあたる。でも、感情が抑えられなかった。

「今日、午前中会社休む」

「大丈夫、大丈夫だから・・・会社行って!もう平気だから!」(逆切れ)

心配してくれているのに、切れてどうするねん!って思うんだけど・・・・なんてキャパが小さいんでしょうあちきは。反省。

時間はかかるけど必ず元通りになるって信じて、笑って過ごせるように・・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.01.18

焦り

 抹消性顔面麻痺になって、1週間が経ったようだ。しかし特に変化なく現状維持というところである。ステロイドのせいか、めまいやたちくらみが頻繁。しかも、聴覚過敏になっており、普段なら気にならない音が異常に聞こえるのでイライラするのだ。

自分の声が耳につくし、おっさんのジッポのライター、食器の音、水を流す音、すべてが耳につくというか脳天を突き抜けるのだ。
 我慢しようとするのだけど、イライラしてしまう。

そして、味覚も麻痺している。煮物の甘みはおそらく半分ぐらいしか感じていない模様。しょっぱい気がするんだけど、おっさん曰くいつもより甘いという。
なまじっか味見すると狂うので目分量や色のみで調理している。

自分で食べても、呆けた味しかわからんので、いまいち腹は減っているけど飯がはいっていかないって感じだ。たぶんわからないレベルで回復していくんだろうとは思うが、目に見えてわかっていればいいんだけど、わからない程度に回復する速度だとやっぱり不安を感じでしまう。

獅子座、O型・・・・大ざっぱ、おおらか、細かいことは気にしない・・・・ってのが代表的な性格だけど、今回ばかりは当てはまらない気がするねー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.01.12

病気になって見えるモノ

 今日、順天堂病院まで行って来ましたよぉ。
どうやら、ヘルペスなどが原因ではないようでベル麻痺らしい。つまり、原因不明の突発性って奴で寒冷刺激による循環不全やストレスが原因ではないかと言われている。
ステロイドとその他の薬、それと星状神経節ブロックという治療を週に3回、2週間続けることになった。

たしかにここで急激に寒くなったし、偏頭痛でストレスためてたし・・・。

しかし偏頭痛事件から、家族に相当迷惑をかけた。おっさんは正月明けだというに、会社を休んで何度も病院へ連れて行ってくれたし、ご飯も作ってくれた。
本気で心配し、はげましてくれて心強かった。
義母たちも心配してくれて、うどんや煮物ももってきてくれた。
本当に、おっさんと一緒になって良かった・・・・って本気で思った。(デブだけど)

こっちの総合病院に見捨てられたときは、あたしゃどうして生きていこう・・・一生この痛みは治まらないのか?って思ったけど、下田腰痛センター(カイロプラクティック)にいったら、偏頭痛は治った。

 ところが、顔面麻痺になってしまい、もう、こっちの病院はいけないなーと思いつつ、親戚のおばさんに電話をしてみると、順天堂に「脳神経内科」があるから早くいきなさいと言われた。
おっさんにいうと、すぐに連れて行ってくれた。
病院で今までの経緯、カイロプラクティックに行ったことも話した。当初私はカイロが原因?とも考えたが、先生はそれと、この病気の関連はないとのことだった。
ちょっと安心した。余談だが、なぜならちょっと気に入ってしまったのだ。ここの病院。
痛がると「痛いことしかしないから(笑)気持ちいいことしたら問題だしな。」とか
「痛がることばかりするから女ができない」とか冗談をいう。
きさくでいい先生だったから信じたかったのだ。腕も良さそうだし。

おっさんの会社の上司も心配して気を遣わせてしまったし、親戚のおばさんは遠いから泊まっていいからうちに来なさいって言ってくれる。
おやじの今の連れ合いも、「ご飯は大丈夫?遠くてなにもできなくて情けないけどなにか冷凍食品でも送ろうか?」と気にしてくれる。
おやじも、診察券を朝出しといてくれるという。実は順天堂病院は凄い混みようで1日がかりなのだ。
姉はアフォらしく、コメントしてくれて(爆)明るく保ってくれました。

みんな、本当に気を遣ってくれたり、心配してくれたりほんとーに感謝。
あたしゃ幸せなんだなーとつくづく感じたでし(T^T)クゥー

病院の帰り息子から電話がかかってきた。「おかあさん?あのさー、PSPの画面のカバー買ってきて!」
おまえ・・・・アフォ
買うか!アフォ

帰ると、バロンに餌をあげていた・・・・\(◎o◎)/!
だってバロンの体重は35kgぐらいだろう・・・・翔より多い。怪我すると思い、散歩とか、小屋から出すのはいつもおっさんかあたしだったからだ。
相当ひっぱるので危ないのだ。
それを翔が・・・・やっているではないか?
奴は奴なりに気を遣ってくれていたようだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.01.11

顔面神経麻痺

 どうやら顔面神経麻痺という病名らしい。末梢性顔面神経麻痺のベル麻痺、ラムゼイ・ハント症候群のどちらかと思われる。

頸椎にブロック注射とやらを打ちにいくことになっている。ただし血液検査の結果によってだ。とりあえず結構な貧血らしい。今回関係ないが、要治療と言われた。

でもって、リンク先や顔面神経麻痺でぐぐって説明をみてみると、早期治療が大事みたいです。
説明をみて少し不安がとれました。
とにかく右目が手動で瞬きってーのもねー。説明にでてくるほど顔はゆがんでないですが、笑うと不気味っす(怖)

半年ぐらいかかるそうで、根気が必要だと思います。
家族には迷惑かけるけどがんばって治療しる!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.01.10

偏頭痛と恐怖

 それは突然やってきた。1/4、会社で右前頭部が痛くなった。いわゆる偏頭痛である。
翌日も治まらず、バファリンを飲んだが、全然効かない。直感的におかしいと感じた。
普通なら薬を飲めば今まで治っていた。

5日、脳神経外科を訪問することになる。
偏頭痛の専門の薬を処方してもらったが、いっこうに痛みは治まるどころか、どんどん悪化していくようでも
あった。それでもまだ、車の運転は出来ていた。
その日の夕方、やばいんじゃねーの?と思うくらいの激痛が・・・・ってかまともに歩けないくらいで、まるで殴られたあとのようにガンガンというか、刺すような痛みというか。

夜、病院に電話して、診察してもらったが、違う薬を処方され、2時間後に・・・ということだったが、結局それも飲まずに寝た。
寝ている最中も痛くて目が覚める。
それでも朝は迎えられた。また病院に行く。当初13日に予約してあったMRIを急遽受けることになった。結果、異常なしということだった。
あまり痛いようだったら座薬を入れるようにと指示を受けた。「頭痛持ち」としかいいようがないといわれる。

原因不明でこの激痛が薬も効かず続くのはつらすぎる。座薬も試したがまったく効果なし。

翌日別の病院へ行ってみたが、同じ扱いを受け、「頭痛持ち」と言われ、とりあえず筋肉の凝りを取る薬と
痛み止めを処方された。

もうこれは整体か?
ということで8日に整体を受ける。首の骨(頸椎)が原因だったようで、治してもらう。
嘘のように治ったが、うちに帰って夜を迎える頃にやたら右目が乾く。
気が付いたときには顔面の右半分がまったく動かなかった・・・・

で、9日電話してもう一度みてもらう。先生は何番目の頸椎が原因かはわかっているようだった。
治療を受けて矯正をしてもらう。先生曰く何年も凝り固まった筋肉がしこりを作っているので
これがほぐれると徐々に麻痺は治ると言った。2-3日かかるらしい。。。

しかし、このまま、顔面麻痺が治らなかったら・・・・と思うと不安と恐怖でいっぱいである。
この騒動で会社はずっと休んでいていつ復帰となるかも心配である。
あたし一人いなくてもどってことないだろうが、心配なのは会社のHPのこと。
更新できる、または作れるひとが居ないことだ。作成ソフトの使い方がまったくわからんと思うわけで。
しばらくの間自宅で更新できるようにしなくてはならないし、また、写真も撮りにいかなきゃならんしなぁ。
とりあえず、この顔はちょっと人様に見せられるものではないと思うのだ。

治らなかったら・・・・考えると涙すら出てきそうになる


| | コメント (3) | トラックバック (0)